NPO法人
こんちぇると
NPO法人こんちぇると
法人本部
〒247-0014
横浜市栄区公田町635-16
さかえ福祉活動ホーム内
TEL 045-894-2459
FAX 045-893-7437

『NPO法人 こんちぇると』ってなに?

法人をひとつに

『NPO法人 こんちぇると』は、栄区の機能強化型地域活動ホーム「さかえ福祉活動ホーム」と金沢区の機能強化型地域活動ホーム「障害者地域活動ホーム 金沢福祉センター」及び「地域活動ホーム シーサイド」の3法人が、平成21年(2009年)9月に連結・連合して新たに設立された法人です。三つが一つになり基盤を強くすることにより、地域の障がい児・者と家族が安心して暮らせるように、相談や一時ケアなど生活支援の充実を図ります。

「障害者地域活動ホーム」は、在宅の障がい児・者及びその家族等の地域生活を支援する拠点施設として、横浜市が独自に設置しているものです。
主なサービスとして、日中活動事業(デイサービス事業、障害福祉サービス事業)のほか、生活支援事業(一時ケア、ショートステイ、余暇活動支援、おもちゃ文庫)などを実施しています。

日中活動事業(18歳以上)

在宅の障がい者が日中、地域活動ホームに通所し、機能訓練・創作的活動・給食・送迎等のサービスを受けることができます。

生活介護事業

食事や入浴・排せつ等の介護や、日常生活上の支援、創作的活動又は生産活動の機会等を提供します。

地域活動支援センター デイサービス型

在宅の障がい者が障害者地域活動ホームなどの登録事業所に通所して、機能訓練・創作的活動・給食・送迎等のサービスを受けることができます。

地域活動支援センター 地域作業所型

在宅の障がい者が、登録事業所に通所して地域において自立した日常生活・社会生活を営むことができるよう、創作的活動・生産活動等のサービスを受けることができます。

就労継続支援B型事業

一般企業への就職が困難な障がい者に就労機会を提供するとともに、生産活動を通じて、その知識と能力の向上に必要な訓練などの障がい福祉サービスを供与することを目的としています。

生活支援事業

ご家族急用時のお子さんのお預かりやショートステイでの対応、余暇活動のサポートなど、障がい児・者のご家族にとって必要とされている事業です。

一時ケア

障がい児・者の家族等が通院、各種行事参加等のため介助を行えない場合や休養が必要な場合に、日中の必要な時間介助します。

ショートステイ

障がい者の家族等が入院、出産等のため介助を行えない場合や休養が必要な場合に、宿泊して介助します。

余暇活動支援

活動ホーム又はその他の場所で、余暇の充実を図る事業を実施します。

おもちゃ文庫

障がい児が遊びを通じて機能訓練を行ったり、家族の交流を図ります。

地域交流事業

地域の障がい者団体・グループ等に部屋の貸し出しを行い、地域の住民と障がい児・者が交流する機会を作ります。また、活動ホーム独自のイベントを実施したり、地域への行事に参加することで地域との交流を図ります。

ファミリーサポート

障害児地域訓練会への支援、幼児・学齢期の子どもの育ちと家族支援、青年・成人期の日中活動、そして高齢化に向けた見守り体制の充実と対応など、ライフサイクルに添った、きめ細やかなファミリーサポートを目指します。

組織図

平成21年10月 1日 作成
平成22年 4月 1日 更新

NPO法人 こんちぇると

さかえ福祉活動ホーム (法人事務所)
       草の実&みんなの開社
障害者地域活動ホーム 金沢福祉センター
       つばさ、ゆうゆう、ごのご
地域活動ホーム シーサイド
       なぎさ21世紀

名前の由来

「こんちぇると」は独奏楽器と管弦楽によって演奏される協奏曲の意味です。
いろいろな楽器でひとつのメロディを奏でていくことから、みんなで協力しあい、調和しあっていくことをイメージしています。

こんちぇるとの歌

こんちぇるとの歌を作りました。みんなで合唱しました。ぜひ聞いてください。
『こんちぇるとの歌』